小さな春の使者

kinako|2021年3月29日


春の訪れを感じさせてくれる花はさくらばかりではないですね。

庭木や遊歩道で良く見かける「ユキヤナギ」は
私にとって春を感じる花の代表格です。
ユキヤナギの白と山吹の黄色が交じりあっている場所を見つけると
それだけで、お花見気分になれます。

一見、地味に見える花ですが
よく見ると、さすがバラ科だけあって、一つ一つの花が野ばらのような可憐な花に見えます。

花言葉は、「愛らしさ」。また、「静かな思い」も見つかりました。
その通りですね。
この時期はさくらばかりに気を取られがちですが
足元には、こんなに素敵な景色が広がっています。
素敵な花々の競演を見逃さないように過ごさなくては。

writer ライター
kinako
上品倶楽部の手仕事や食に関するページを
お手伝いしています。
昔から、料理好きな母を見て育ったせいか
食べることには時間や手間を惜しみたくない。
それは料理だけでなく、空間や道具も大事。
それらのことを色々と物色するのが好きな中年女子です。