12月の頭、ハワイの友人が日本にやってきました。

Granscape 大石剛正|2019年12月18日


3年ほど前に会社を早期退職し、しかも健康体(痛風ではありますが・・)なので、
時間に縛られることもなく、時々色々な国の友人が住んでいる所にふらっと行って一週間ほど滞在するという、
なんとも羨ましい生活を送っています。

今回も目的があるわけでもなく、今回も僕が引っ越したということで、
「確認に来た」ということでした(笑)それも一週間(汗)。

そういう優雅なハワイアンがどういうわけか突如ベジタリアンになっており、さあ大変!

三ヶ月前までは肉も魚もガシガシ食べる肉食系男子だったのに、
どうやら健康診断で成人病を宣告されたようで、
洗脳のビデオを見せられ、すっかり健康志向になったようです。
しかしこちらは普段からその手のお店には全く行かないので、なんの情報もないのであたふた(汗)。

結局家の前の豆腐屋さんで豆腐を、八百屋さんでなすとさつまいもを仕入れたり、
卵はギリギリいけるから卵焼きを作ったりと、何とか魔の一週間をやり過ごしました。

最愛の人や家族、その友人を立て続けに亡くしてしまい、
その亡くなった原因が成人病だったということが彼の意識の変化の根底にあるのかもしれません。

最初は「ベジタリアンなんて・・・」と揶揄していたものの、
そういう私も同年代。
健康や栄養を真剣に考えるタイミングが来たのかも、
と考えさせられる今回のハワイアンの訪問でした。

writer ライター
Granscape 大石剛正
佐賀県生まれ
1級造園施工管理技師、グランスケープ(有)代表
大学で環境科学を学び、文部技官として地質・地震学の研究を経て、再び大学院にて陸水学を修める。その後環境アセスメント調査会社で屋久島をはじめ日本全国をフィールドワークで廻る。
ランドスケープの世界に入り、それまでの経験を生かし自然さを大切にした
数々の庭園デザインと施工を行う。

Granscape ホームページ
http://www.granscape.com/