初冬のキャンプ

編集部|2019年11月25日


仕事もひと段落したので
先週末は長野県の金峰山麓のキャンプ場へ出かけてきました。

自宅からはザックを背負ってあずさ1号に乗り
友人と落ち合う韮崎まで。

当日は雨の東京から次第に山梨へ向かうにつれお天気が回復
車窓からは雪をつけて、より一層美しい南アルプスや
朝の太陽をあびている八ヶ岳が望めます。

そして、目的のキャンプ場へ。

しかし、次第に目の前がかすんで来ます。
霧雨も。
でも天気予報ではそのうち晴れるから大丈夫!

30年は通っているキャンプ場へ到着。
流石にこの時期はキャンプ客は少なく
ボルダリングと登山客がチラホラ
ざっと見回してもテントは4張りだけ。

静寂の中のキャンプも好きです。

なんと言っても焚き火が本当に似合う季節ですから。

友人と2人、ここだから話せる事や昔話や来年のことなど
延々と焚き火に薪をくべながら話は尽きない。
ビールからはじまりスプマンテ、ボジョレーヌーボ、最後は日本酒の熱燗、
ホットバーボンで締めくくりました。

これから年末まではお互いに忙しい身
来年の早々に、今度は雪を見ながら・・・なんて約束をして別れたのでした。

今年最後の仕事の追い込みを前に
完全に充電とリフレッシュ完了です。

友と、変わらないこの場所に感謝の2日間でした。

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。