とうもろこしのスープ

kinako|2019年9月1日

今日から9月ですが、まだまだ暑い日が続きそうですね。

さて、さかのぼりますが

今年の夏休みは少し遅くにとって、信州へ出かけてきました。

上高地、安曇野、白馬、最後に八ヶ岳。

どこも美しい緑と青い空に恵まれ
珍しく雨にあうことも無くいい休日を過ごせました。

そして、我が家にはないホテルに2泊という贅沢旅になったのですが
その一軒の宿の食事がとても美味しくて
ついつい、写真を撮るのも忘れるくらいで、うっかり写真がないのですが。

そのホテルのお食事は
すべて長野の食材を使ってのメニュー。

その中で私が心を奪われたのが、一切調味料を使っていない
とうもろこしのスープでした。

きめ細かく裏ごしされて、まるで絹のような舌触り。
そして、とうもろこしだけ?と思うくらい甘く、奥深い味わいでした。

あまりに美味しかったので、ついおかわり。。。と言いたいところでしたが
さすがにそれは無理でしたが。

なので、帰りに野菜の直売所に立寄り地元のブランドとうもろこしを
10本買って帰り、せっせとスープつくりに専念する日々です。

まだまだ、あの味には近づけませんが
いつか・・・
味の決め手は、諦めずにしっかりと裏ごしすることみたいです。
まだまだ暑いキッチンで裏ごしするのって、結構汗かきますが
これも美味しさのため!
あと数本残っているので、頑張って作ることにします。

writer ライター
kinako
上品倶楽部の手仕事や食に関するページを
お手伝いしています。
昔から、料理好きな母を見て育ったせいか
食べることには時間や手間を惜しみたくない。
それは料理だけでなく、空間や道具も大事。
それらのことを色々と物色するのが好きな中年女子です。