桃ともみじ市

feltico 麻生順子|2019年8月14日

福島から届いたピーチ先生。
箱を開けたとたんに広がる甘い香り。
私も来週は「ちいさなもみじ市」で
福島へおじゃまします。

この夏は旅する花摘み、福島におじゃまします。
福島の皆さま初めましてどうぞよろしくお願いします。

【「ちいさなもみじ市 2nd」in 福島 8/17(土)〜18(日)に開催します!】
昨年、福島県・福島市のニューヤブウチビルで開催した「ちいさなもみじ市」が、
パワーアップして戻ってくる! 8月17日(土)〜18日(日)の2日間、手紙社を代表するイベント
「もみじ市」でおなじみの出店者とともに、福島の夏を彩ります。1階広場は出店スペース、
3階のギャラリースペースでは、紙にまつわるプロフェッショナルが集うイベント
「紙博」の出展者のアイテムを集めたスペシャル企画「ちいさな紙博」を開催予定! 
屋上では、気持ちのいい風と風景に包まれながらランチを楽しむこともできますよ。
.
開催前日となる8月16日(金)は、手紙社編集部・富永琴美による表現の学校「手紙社のイベントの作り方」を開講。
さらに8月17日(土)の夜には、ニューヤブウチビルの屋上でtico moonのライブを開催! 
毎年もみじ市のフィナーレを飾っている美しいハープとギターの音色が、
福島の星空の下に響き渡ります。この贅沢なひとときを、どうぞお見逃しなく!
.
▶︎詳細は「@tegamisha」のプロフィールから公式サイトの「NEWS & TOPICS」へ!
.
【「ちいさなもみじ市 2nd」概要】
会期:8月17日(土)〜8月18日(日)
時間:10:00-16:00 (手紙舎 雑貨店は10:00〜18:00)
会場:ニューヤブウチビル
住所:福島県福島市大町9-21
お問い合わせ:042-444-5367(手紙社)

writer ライター
feltico 麻生順子
ハンドメイド・フェルト作家。
公園のそば在住。
いつか海辺で暮らすことを夢見ながら、
羊毛からバッグやアクセサリーを作っています。
「フェルティコ」は「フェルトの子」という意味の造語。
クーラーもストーブも使わず過ごせる季節が好き。

felticoのホームページ
http://www.feltico.net/