奥多摩水源林でおいしい水を育む

こにし あい|2019年6月30日

「東京の水道水はおいしい」と耳にしませんか。

おいしい水の秘密・・・自然の力と、多摩川上流にある森林を水道局が適切に管理し、
おいしい水道水を安定的に供給してくれるからですよ。

ブナやミズナラなどの広葉樹が主体となった天然林の「ふれあいのみち柳沢峠」で、
水源滋養機能、「100年の森」では人工林の森つくりを学びました。

水道水が飲料水基準を満たしている国は 世界の中でも15カ国だけ。
そして、東京都では、安全で、自然濾過された味に近い水道水であるため、
広大な森を日々守っています。
 
久しぶりに自然の中を歩きました。青い空、自然の光、
ほどよい清涼感、目に優しい色彩、木々や土の香り、水。
自然に滋養される感覚が蘇ってきました。(写真:水源林、小河内ダム)

安全でおいしい水のふるさと – 東京都水道局

writer ライター
こにし あい
さる年生まれ
カリフォルニア→ミシガン州と期間限定生活を終え、
現在東京暮らし。
元料理研究家の嗅覚で、美味しいもの探す日々。
お散歩を兼ねた食べ歩きと、出会った味を再現するのが好き。