桜番付

樋口 陽子|2019年3月26日

東京の開花が、SNSなどを通じて、入ってくる今日この頃 東和では梅が5分から8分咲きです。(これでも例年より早いです。)
少し遠出をすると、人が動き出している印象を受けます。

福島県では、ソメイヨシノの名所もたくさんありますが、樹齢が200年を超える枝垂れ桜がたくさんあり、枝垂れ桜番付が毎年発行されます。
番付には、100本の垂れ桜が選出されていますが、名前の無い桜もあちこちにあり、
春の楽しみです。
(東京で、ソメイヨシノ80年問題を考えていましたが、こちらでは樹齢300年で まだまだ 若いと言われてしまいます。)

東の横綱は 全国的にも有名な 三春町の「滝桜」です。
樹齢は1000年。ダントツです。
人混みが嫌いなので、桜のハイシーズンに行ったことは無いのですが、
夏でも冬でも圧倒される風格です。
桜の季節は、入場料がかかります。

東和を含む二本松市内では10本選出されており、うち5本が小結以上です。

我が家から一番近い「中島の地蔵桜」は小結です。
ここは、バックに安達太良山に沈む夕日が撮れるのと、
手前の田んぼに水を張り水に映るようにしてあります。
もちろん夜間のライトアップもしています。

東の大関「合戦場の桜」は、菜の花とのコントラストが美しいです。

西の大関「愛蔵寺護摩桜」は、花の色がとても美しいです。

個人的には西の前頭8「福田寺の桜」が 夜のライトアップが美しく、好きです。

東京の桜に1週間から10日遅れて、見頃になるので、ぜひ お出でください。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断