移住しました

樋口 陽子|2018年1月16日

2017年2月に東京から福島県二本松市旧東和地区に移住しました。
あっという間に、2018年を迎えてしまいました。

移住を考え始めたのは、多分3年くらい前(2015年かな?)です。

震災後、福島にボランティアで通っているうちに良い所だなぁと。。。。
相馬田んぼアートのボランティアの帰り、田村のお手伝いに行く間の日に 
初めて旧東和地区に来ました。
喜多方山都のボランティア中に民泊で良いところ無いかなぁと言ったら、
東和は色々あって面白いよと聞いたのが きっかけでした。

(私 仏壇の無い家に育っているので、お盆とか あまり 考えてませんでしたが、)農家民泊的には、親戚やお客様を送り出して ホッとしたお盆最終日の午後14時くらいに道の駅に行って「今日 泊まれる所ありますか?」とのたまわった 超迷惑な客でした。

その時 道の駅で民泊の準備が整うまで、親切に対応してくれたS君。
今も仲良くしています。

結局、リンゴ農家のKさん宅にお世話になることが決まり、
「お盆明けで何にも無いのよ~~~」と奥さんのYさんに
夕ご飯を出してもらいながら、Kさんとお酒を飲み出し、
自分の素性もバラし?、、、、、2日後に大地を守る会のEさんが来ると聞いて 
田村のOさんに許可を取り、また泊まりに来ました。

当時、田村のOさんに田村市の状況を聞くとあまり移住に
積極的で無いと言うことでした。(今は違います)

その後、東京に戻って 考えたのですが、大地を守る会に出荷している、
40年以上前から有機農業をしている人が多数いる、
移住している先輩が結構な数いる、、、、などなどの理由で、
二本松市旧東和地区に移住したいと思いました。
田村のOさんや、二本松駅前にもお友達がいて、東和以外で 
愚痴を言える人もいたので、、、、それも良かったです。

そして、移住願いを出し、「ちょこちょこ通っておいで」と言われ、
ボランティアのついでに寄ったり、先方が制度を使って
呼んでくれたりと行き来が始まりました。

2016年12月25日に東中野ソレイユを閉店することに決めて 
2015年の春頃には自分の中ではせっせと動き始めました。
しかし、閉店騒動も怖いし、家族にも言えず友達にも言えない期間もありました。

*写真は家から徒歩で行ける地蔵桜です。
バックに安達太良山があり、写真スポットになっています。
 

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断