TOPICSトピックス

お月見クルージング 水辺の暮らしの楽しみ

お月見クルージング

水辺で暮らす楽しみを味わう。

豊洲周辺の地域は江戸時代から、海と皮を中心に発展してきました。江戸の市街地に近く、水運の便に恵まれていたことで、江戸時代には木場や倉庫、問屋が立ち並び、物資を運ぶのに船は重宝されました。その時代、この地域に暮らす人々の生活の中に、船はなくてならないものでした。様々なものが便利になった現在でももちろん、水辺の暮らしの風景において、船は密接な関わりを持っています。
そして、四季を楽しむ行事のひとつである「お月見」。海と川に囲まれた地域で暮らす楽しみとして、船の上からお月見を楽しむという選択をするのは、とても素敵なアイディアではないでしょうか。

船の上からのお月見。

今回は、上品倶楽部5号、6号で紹介した佐野造船所さんの船に乗せていただきました。中秋の名月の日程に合わせ、親しい人たちで誘い合ってチャーター船に乗るのも良いでしょうね。
夕暮れ時に出航し、だんだんと夜に近づくにつれて、周りの船やビルの灯り、レインボーブリッジのライティングと夜の闇とのコントラストがはっきりとしてきます。海の上から眺めれば、付近に視界を遮る高い建物もないですから、きれいな名月を眺めることができるでしょう。
また、チャーター船でのお月見クルージングの良いところは、お月見と同時に美味しいお料理も楽しむことができるところです。
波に揺られながら、お食事とおしゃべりと楽しみ、名月を眺める時間は、きっと忘れられない特別な思い出となることでしょう。
今年は是非いつもと一味違う船の上からのお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。


Dover号

今回お世話になった「DOVER号」。
マホガニーとチーク材で仕上げられたエレガントで落ち着いた姿のクルーズ船です。
舵を取られるのはこの船の製造者でもあるキャプテンの佐野稔さんです。

有限会社 佐野造船所
JR京葉線「潮見駅」徒歩7分
〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-16
Dover号のホームページ:http://dover-japan.com/
お問い合わせ:佐野稔 090-2473-9227

佐野さんご夫婦笑顔が素敵な佐野さんご夫婦。コースの説明はもちろん、周辺の貴重なお話を伺うことも出来ました。

お月見クルージングのお供に
チャーター船によっては、好きな食べ物を持ち込んで楽しめる船もあります。
秋のお月見ということをイメージして、旬の食材を使ったお弁当を選んだり、ケータリングサービスで秋らしいメニューをオーダーしてみるのも良いですね。

また、お月見のナイトクルージングだけでなく、午後のティータイムに合わせたクルージングというのも素敵ですね。
開き風に吹かれながら、湾岸の木々の色付く景色を眺めて、気の合うご友人同士、お喋りに花を咲かせるのもまた一興。
料理や飲み物の持込みに関しては、各チャーター船によって、ルールが異なりますので、事前に確認しておくことを忘れないようにしましょう。

DOVER号 DOVER号。春のお花見、夏の花火も楽しめますが、秋の夜は、一段と船の美しさが際立ち、十五夜とのツーショットも絵になります。

食事 それぞれに好きなものを持ち込んで食事が楽しめることは、チャーター船クルージングならでは。秋の味覚たっぷりのお弁当やオードブルで大人のお月見ディナーを愉しんではいかがでしょう。

ティータイム 秋は、お月見のナイトクルージングだけではなく心地よい秋風を感じながら、お昼のティータイムを楽しむのも一味違った贅沢な時間です。

  • facebook
  • twitter