ランシンの「50の手習い」

初日

50の手習い

50の手習い

午前中の空き時間を利用し、浄土宗月照寺へ。徳川家康の孫にあたる松江藩初代藩主松平直政公をはじめ九代に渡る藩主の菩提寺。境内には紫陽花が咲き誇り「山陰の紫陽花寺」として多くの観光客が訪れるらしい。

50の手習い

※小泉八雲の随筆にも登場する巨大亀型の寿蔵碑

50の手習い
※昼の食事。メインは餃子、半分残してしまった。

50の手習い
※入所の仲間。先ずは入所手続きを。

50の手習い
※夜の食事。贅沢にもロース、エビフライの盛り合わせ。入所祝い、だぜ。

CATEGORY

TAGS