冬の花あしらい

クリスマスリースとアレンジメント

今年も師走を迎え、2020年も残すところあとわずかとなりました。
いつもと違う1年となった今年の締めくくりの「花あしらい」は、1年の疲れを癒し、少しでも笑顔で過ごせるようにと願いを込めて、また、和菓子の「聖夜」にも合わせてクリスマスリースやアレンジメントを作ってみました。

最近では、様々な花材やオーナメントなどを使ったリースやアレンジメントを良く目にしますが、今回作ったものは、冬の森をイメージしたナチュラルな、種類の違うヒバや木の実などをメインに花材を選んでみました。リースとアレンジメントは形が違うので、同じ材料を使っていますが違う雰囲気を楽しむ事ができます。

ヒバの持つ香り成分には、人の気持ちを和らげる(落ち着かせる)効果があり、癒しの効果も注目されています。テーブルに飾るアレンジメントにはヒバを多めに使っているので、お部屋の中で森の恵みに癒されリラックス出来るのではないでしょうか。
自然に寄り添うことを大切にお届けしている「花あしらい」より、1年の締めくくりとして、皆様の健やかな日々をお祈りしています。


<使用した花材など>

コニファー
・グリーンコーン
・ブルーアイス
・シルバースター
・ネズ枝実付き
ローズヒップ
木の実
キャンドル

CATEGORY

TAGS