どっちも、いい

中館慶子|2021年6月30日

多くの左党がそういう方向に流れているかと思うが。
家飲みが充実しています。
というか、そうせざるをえないから。

でも、いいことだってあるんです。

遠くに住む友達と
ご当地ビールや珍しいワインを贈りあったり。
LINEで送られてきたチューハイ缶に触発されて
真似っこしてみたり。
おつまみ情報の交換をしてみたり。

外で飲むにはそれなりの醍醐味というものがあり、
プロが作るおいしいお料理にはかなわないし、
カウンターで店主と話しをするのも楽しい。
そんな生活に早く戻りたいと願う一方、
自作のつまみ研究もまた、楽しいものです。

郷に入っては郷に従え。
というやつですね。

さて、今日は何をつまみに何を飲もうかな。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。