東和soleil開業プロジェクト 床編

樋口 陽子|2021年6月12日


1階キッチンの床は、柿渋と米糠ワックスで、仕上げていただきました。
2階と1階手前の床、、、、、皆さんに聞いた後、一番腑に落ちたアクリルたわしで、磨きました。
これは、一目瞭然に綺麗になる訳ではなかったのですが、やや綺麗になりました。
しかしまだ、薄ら白い埃がかった床でした。

その後、友人お勧めの蜜蝋ワックスの会社のサイトの中にあった床のシミ、汚れを浮かせて拭き取るという
「ミストデワックス」を蜜蜂ワックスと一緒に取り寄せました。

アルカリで、埃や汚れを浮かせて、それを水ヤスリで擦る。
これは、一目瞭然に綺麗になりました。その後、蜜蝋ワックスを塗ったら、艶々の床になりました。
嬉しくて、家事とバイトの合間にせっせと磨く日々でした。

1階は、古い床材を再利用したので、「ミストデワックス」を吹きかけ、アクリルたわしで、磨きました。

最初は、スリッパを履かないと歩けない床が、寝転がれるようになりました。笑笑。

階段や、長持ちの蓋を利用した扉など、まだまだ、磨きたい箇所がありますが、
ともあれ、引越し優先です。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断