遅咲きミモザ

feltico 麻生順子|2021年5月11日

雨上がりの朝の窓。
風に揺れる遅咲きミモザの香りが部屋中に。
春先の芽吹いた木々の湿った香りは良き。

ミモザと丁字草、ご近所におすそわけ。
雨が降る前に。

writer ライター
feltico 麻生順子
ハンドメイド・フェルト作家。
公園のそば在住。
いつか海辺で暮らすことを夢見ながら、
羊毛からバッグやアクセサリーを作っています。
「フェルティコ」は「フェルトの子」という意味の造語。
クーラーもストーブも使わず過ごせる季節が好き。

felticoのホームページ
http://www.feltico.net/