掃除の心得??

樋口 陽子|2021年4月13日


タイルの床とジュータンで育った私は、掃除といえば、掃除機、箒。
大掃除の時にワックス掛けや拭き掃除をするくらいでした。
戸沢の家は、純日本家屋で、ハタキ、箒、雑巾、掃除機の総動員で掃除をします。
隅っこに蜘蛛が巣を作るので、ハタキが必要。梁の上にもハタキが大活躍。
寝室の床は、クイックルワイパーで掃除できますが、廊下は、引っかかってしまうので、
箒で履くか、濡らした新聞紙を撒いて、掃き集めてから 掃除機をかけています。
畳の部屋は掃除機を使って良いと言われたので、主に掃除機を使っていますが、
少しの時は箒と塵取り。窓や窓枠は、まだまだ 雑巾が必要です。

そして、これから仕事場になる土蔵。多分、半世紀分くらいの埃です。。。。。
明かり取りのために二階の2/5くらいの床を抜きました。
先日、見下ろすと梁の上、窓枠にそれはもう、分厚い埃が、、、、壁にも蜘蛛の巣やら、埃やら、、、

2階から乗り出して、モップで埃を落としたのですが、手が届かない。
しかも 高くて怖い。

家人に手伝ってほしいとお願いすると、命綱?を柱と柱に渡し、
梁の上から 埃を落としてくれました。(写真の後ろの窓は2階の窓なんです。)

2階の天井も拭いてみると埃が落ちて来ますし、壁も拭いています。
床に至っては、隙間からホコリを吐き出し、掃除機で吸い取り、水拭き。
今まで、引き渡し後に床掃除や隅っこ掃除はしましたが、ここまで 色々掃除するのは初めて。。。。
古い物を使うということは、こういう事なんだと一人納得しながら、地道に掃除の日々です。

古い桐箪笥、長持ちの蓋、食器棚なども使ったので、せっせと水拭きです。。。。。
掃除の基本は、水拭き!な日々。頑張ります。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断