味噌づくり

樋口 陽子|2021年3月13日

前回、住民センターでの味噌づくりを紹介しました。

他に2パターンの味噌づくりを 今年はやっています。

地元、東和では、いつもの自力で潰すワークショップ。
こちらは、大盛況になってまして、12組のクラス3つがあっという間に満席になりました。
子供を連れたお母さんが多く、嬉しい限りです。

いつも東京に行って、行っていたワークショップを今年は全て、リモートになりました。
事前に 材料、資材、テキストを送って、当日 繋いで、みんなで作ります。

これは、これで、有りかな? でも やっぱり 実際 会った方が良いですね。
先生をやっている友達が、リアクションがわかりづらいと言っていましたが、
味噌の場合、潰し加減が今一よく見えません。

両方とも、温めた大豆と塩、麹を混ぜ、
(この時、去年作った味噌を持っている方は加えてもらいます。)それから、瓶などで潰します。
子供さんがいる場合、45リットルのゴミ袋(きれい)を渡し、二重に包んで、踏んでもらいます。
小学校中学年程度のお子さんの体重が ちょうど良い様で、
大人が一人で瓶で潰すより、早く綺麗に潰してくれます。

*子供が踏み踏み

子供さんにお願いして、他の方の味噌をつぶしてもらったりもします。

大体、1時間くらいで潰れたところで、容器に入れてもらい、
どうやって、保管するかを説明します。


*大人はせっせと

何か困ったことがあったら、メールに写メを送ってくれれば、
アフターフォローをするというのが、私の味噌ワークショップの肝?です。
せっかく作った味噌を捨てられたくないからです。

夏が終わる頃、本当に美味しい味噌ができています。

ぜひ 一度 やってみてください。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断