金ピカ

Granscape 大石剛正|2021年3月2日

岐阜のプロジェクトも終盤に入り、現場の建込みで幾度か行くうち、
現場の周りを散策する機会に恵まれました。
というか気持ちの余裕が出てきました(笑)。
岐阜市は名古屋にほど近く、また繊維で栄えてきたこともあり、
地方の都市とは思えないほど駅やその周りの町並みは整っており、
散策していて気持ちが良いです。

明日が休みということもあり、昼から盛り上がっている人たちも!!

その繁華街の一角に金神社という金ピカの鳥居を発見!!

産業繁栄、裁縫・金運招福、商売繁盛の神様を祀ってあるそうで、
思いがけず商売繁盛を祈願する機会に恵まれました。

そういえば今年は初詣も行けず祈願もできずにおり、
少しモヤモヤしていたのですが2月のこの晴天の下、
また頑張ろうと決意することができました。

writer ライター
Granscape 大石剛正
佐賀県生まれ
1級造園施工管理技師、グランスケープ(有)代表
大学で環境科学を学び、文部技官として地質・地震学の研究を経て、再び大学院にて陸水学を修める。その後環境アセスメント調査会社で屋久島をはじめ日本全国をフィールドワークで廻る。
ランドスケープの世界に入り、それまでの経験を生かし自然さを大切にした
数々の庭園デザインと施工を行う。

Granscape ホームページ
http://www.granscape.com/