モットーに反する

中館慶子|2021年2月21日


食材は無駄にしない。
腐らせない。

ず?っとそう思って暮らしていても、
どこかで買い置き忘れや食材のダブリがあり、
気づくと悲惨なことになっているパターンがある。
海藻、煮干し、豆、切り干し大根、凍み豆腐。
乾物好きでアレもコレもと手を出し、
これ、いつのだ?現象も。
週末のまとめ買いで計画的に使う作戦も
計算違いがあったりして。

これは、なんというか、その。
私のモットーとは非常に相反するものでして。
一円を笑うものは一円に泣く。
これに似た感覚があり、
食材をダメにしてしまうとその食材の怨みで
この先、なんらかの事情により
食べ物にありつけないことに陥ってしまうんじゃないかと。

だから今年のテーマは、あえての
「食材をキレイに食べきる」
基本ですが、原点に戻ります。

まずは、自分で焼くという物珍しさで
2ヶ月前に買ったお煎餅生地を。
おいしいんですよ。
でも、週末ごとにいただいても、
桜の時期くらいまでは残っているのかな?。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。