白白明を走る

mon|2021年2月15日

ステイホームで家にいる時間が長くなったせいか、座りっぱなしで作業する時負担がかかる首、腰、背中が一気に調子が悪くなってきました。
歳のせいといえばそれまでですが、それだけの理由じゃない気がするので、おもむろに朝走ってみることに。
体を動かすことって気持ちがいいですね。
若い頃はそんなふうに意識したことはなかったのですが、元気に体を動かしていると、日中仕事しているときも調子が良い気がします。
だんだんと夜が明け、空が明るくなってくる時間。
昔の人は、その時間にたくさんの名前をつけたようで、調べるとたくさんでてきました。
有り明け方、彼誰、明けがた、有明、払暁、白白明け、鶏鳴、曙、黎明、朝ぼらけ、日の出、引明け。
知らない言葉も盛りだくさん。
昔の日本人は、自然の中で暮らし、それを言葉にかえて歌によんだりして楽しんでいたのだな、と感じました。
朝の光を浴びると、自分の中が何かリセットされるような感覚がしますね。朝外に出ることは、今の楽しみのひとつです。

writer ライター
mon
グラフィックデザインやイラストなどを生業としています。
山育ちののんびりやですが、現在は東京暮らし。
寒いのが苦手。夏は扇風機派。
いつも何かを作りたくて仕方がない性分です。

monpot
http://www.monpot.com