あたらしい世界

野原こみち|2020年12月16日

パズルやテーブルゲームはわりと好きなのに、今まで一度もプレイしたことがなかったチェス。
NETFLIXで世界的にヒットしているドラマ、「クイーンズ・ギャンビット」を観てから、ミーハーにもついに手を出してしまいました。
子供の頃に、将棋でこてんぱんに負け続けた苦い記憶から、似たゲームのチェスも見ないふりをしていましたが、ドラマのあまりの面白さから、どうしても自分でもやってみたくなってしまいました。
しかし、チェスのデザインというのは本当に秀逸で、盤のチェック模様、駒のデザイン、洗練されていますね。
まだまだ、ほんのひとくち、齧ったくらいですが、しばらく勉強してみようかなと思っています。
あたらしい世界を知って、日々の彩りが増えた感じがします。

writer ライター
野原こみち
熱しやすく冷めやすく、興味の対象が移ろい易い性格ですが、小さな頃から本だけはずっと手放せません。古本屋は、多くのお店を巡るよりも、贔屓のお店に徹底的に通いつめる派。新刊を扱うお店も同じく。図書館は居心地重視。最近は南米の文学作品、幻想小説を偏愛気味です。