ウインターコスモスとハーブ

feltico 麻生順子|2020年12月4日

新入りのウィンターコスモスはどんな香りかな。
庭の花や葉の香りをたぶんいちばんよく知ってるわが家の猫たち。

花芯からの黄色の染み方。
いじらしい。
最後の月のはじまり。

こちらは、
ハーブ界の聖なる大王さまと呼ばれる”ホーリーバジル”が花盛り。
生葉をハーブティにするととても美味しくてこの夏ずいぶんと飲んでました。
味は青臭みがなく、バジルというよりは、
ほんのりスパイシーなコクのある落ち着いたミントという感じ。
冬を前に、花ごとドライにしてお茶で楽しむか、来年用に種を採るか、、
うーん、、どちらもだな。

writer ライター
feltico 麻生順子
ハンドメイド・フェルト作家。
公園のそば在住。
いつか海辺で暮らすことを夢見ながら、
羊毛からバッグやアクセサリーを作っています。
「フェルティコ」は「フェルトの子」という意味の造語。
クーラーもストーブも使わず過ごせる季節が好き。

felticoのホームページ
http://www.feltico.net/