同じ空なのに

中館慶子|2020年11月4日

月を見るだけなのに。

都心にいて、その姿を即座に確認することは難しい。
高層ビルの谷間をすり抜け、地下に潜って移動し、
地上に出てもまた高層ビルや
細い路地にひしめく商店にさえぎられ。

ある日、友人が「月がキレイ」とLINEをくれた。
どれどれ。会社を後にし空を見上げてもどこにもいない。
徒歩と電車で、自宅から最寄りの駅まで。
外に出てもまだ見えない。
しばらく歩き、住宅街にさしかかったところで、ようやくご対面。
かかった時間、実に35分。

月を見るだけなのに。

育った田舎は、空を見上げるとどこでも月が見えた。
都会に住んでいると、空が狭いのが少し残念。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。