農家民宿

樋口 陽子|2020年8月2日


現在、私が住む二本松市旧東和地区には、
民泊(農家民宿)が20数件あります。
予約で、ランチが食べられると聞き、
この春、古民家を改装して民泊を始めた「清峰園」に行ってきました。

食事をする広間は天井までの吹き抜けになっており、
薪ストーブがデンと備え付け。
良い感じです。
正面には壁いっぱいの古く威厳のある神棚があり、ありがたい??。
次ぎの間が畳の部屋で、子供連れにも優しい作りになっていました。
(友人の幼い子供が寝てしまい、そのまま休ませてもらっていました)


水茄子の漬物
きゅうりの辛子漬け
茄子のニンニク炒め
わらびとなめこの和え物
鮭、玉葱、ズッキーニのホイル焼き
ロールキャベツ
じゃが芋、インゲンのベーコンチーズ焼き
中華おこわ
温玉と青ばた豆腐の汁物
赤しそゼリーとブルーベリー、ラズベリーのジャム

¥2200でした。
野菜たっぷりで、薄味。雰囲気の良い大広間で、貸切。

また一つ、紹介できる民泊が増えました。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断