つるり

中館慶子|2020年5月14日

部屋をうろうろするだけでも、おなかがすく。
いや、正確にいうと、すいていると錯覚してしまう。
たまには1食くらい抜いてもいいはずなのに、
「ほらほら晩ごはんの時間」と脳みそが勝手に指令してくる。

自粛で家にいる時間が長いと家で食事をする回数も増えるわけで。
朝はパンと珈琲と果物。お昼はサラダとパスタ。
夜は季節の野菜や乾物のお惣菜を数種とお肉かお魚。
同じようなパターンが繰り返されていく。
結構お料理は好きな方だと思っていたが、
三度三度となると自分のレパートリーの少なさに驚愕する。

大人だと残り物を食べようが、多少同じ献立が続こうが、
ま、いっか。で済ませられるけれど、
育ち盛りのお子さんたちがいたらそうもいかんのだね。
世のママたち。ホント、尊敬します。

東京も夏日がちらほら。
「冷たい麺」という、つるりとした救世主が今年も現れ、
何やら急に目の前が開けた感じに。
蕎麦、素麺、ひやむぎ、うどん、冷麺、冷やし中華、冷製パスタ。
ああ、この字面の選択肢、いいですね。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。