八幡様の 紅枝垂 桜

樋口 陽子|2020年4月6日


縁あって、八幡様の隣に引越して来ました。
神社や神様の事で、色々面白い?というか、「え?』って、
思う事がたくさんあるのですが、とりあえず、今日はこの時期なので、桜の話題です。

鳥居の横に、樹齢不明の「紅枝垂桜」が、生えています。
幹の太さから考えると相当な樹齢だと思うのですが、、、、、
4、50年前に蜂の巣を退治しようと火をつけた人がいて、一部が燃えてしまったそうです。
そして、10年くらい前に幹の中が腐っているのがわかり、現在は外皮のみが残っています。
それでも 毎年花をつけるから 植物ってすごいですね。

この原稿を書いている4月上旬は、1分咲きでしょうか?
まだ、完全に開いた花がない状況です。

この桜の下に 八幡様の手洗い?は、湧き水です。
昔、もう少し下にあった中学校のプールに水を送るために通したパイプ?水路?の一つだそうです。
(プールの水が 湧き水??!!!)
水が途切れたのを見た事が無く、コンコンと水が湧いています。
(とても贅沢だと思うのですが、地元では当たり前なのか、、、、)

こちらでは、様々な種類の桜が植わっているので、長く、色々な桜を楽しむ事が出来ます。
これから、どんどん 緑が増え、美しく、楽しい季節が巡ってきます。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断