桜は

こにし あい|2020年4月2日


今年も日本の所々で桜が可憐な花を咲かせている。
ちょっと寄り道して、桜を見ながら歩きながら、ふと思う。
桜は今の状況をどう思っているのだろう・・・。
(桜を擬人化するのではなく)
お花見は、日本人が古来より楽しみにしている春を楽しむ行事。
桜といえば、お花見となって、桜の木の周りは賑わう場所だ。
今年は、いままでと違う。

先週は日中気温24度の翌日、東京に雪が積もった、春。
自然はどうなってしまったのか。

感染の拡大は、“危機感”が薄いことにも原因があると思う。
自然のこと、感染拡大のこと、ひとりひとりが危機感を強め、
向かい合わなくては。そう思う。

writer ライター
こにし あい
さる年生まれ
カリフォルニア→ミシガン州と期間限定生活を終え、
現在東京暮らし。
元料理研究家の嗅覚で、美味しいもの探す日々。
お散歩を兼ねた食べ歩きと、出会った味を再現するのが好き。