宝石箱

feltico 麻生順子|2019年9月11日

怒涛の締め切り明けの、身に染みるおいしいものと、気のおけない友との時間。
夏の宝石箱のような前菜は、息子の幼なじみ愛ちゃん盛りつけ。
店頭の焼き菓子も担当してるって。

@ape.cucina.naturale.ciaobella
島田シェフごちそうさまでした。
またおじゃまさせて下さいね。

writer ライター
feltico 麻生順子
ハンドメイド・フェルト作家。
公園のそば在住。
いつか海辺で暮らすことを夢見ながら、
羊毛からバッグやアクセサリーを作っています。
「フェルティコ」は「フェルトの子」という意味の造語。
クーラーもストーブも使わず過ごせる季節が好き。

felticoのホームページ
http://www.feltico.net/