梅仕事

樋口 陽子|2019年8月2日

今年も梅干しを漬けています。

今年は、 文夫さんの梅と洋子さんの梅。福島に来てからは、自分で梅もぎに行きます。
今年は、文夫さんの梅林を もう少し整備したいと思っていたのに、あっという間に梅の季節になってしまいました。。。。
しかも、雨続きで、梅が熟れず、そのまま落ちてしまうのではと気をもみました。

洋子さんは私が悠長なので、「いつ来るんだ、いつ来るんだ」と 矢のように催促され、ようやっと14日に取りに行きました。
それから、5日ほど 家で熟らせてから、漬け始めました。

文夫さんの梅林は ちょっと 離れているので、よし、行くぞという気合が必要です。
もう少し 採りたかったのですが、、、、最後 1日 行かなかった。ダメですね。

それにしても 今年は漬けるのが遅かった。。。。
そして、土用干しは8月1日からでした。。。。。。
(去年から、ハウスや雨がかからないところに干す事を覚え、今年はお蚕さんをやっていた建物の2階を借りています。
ただ、日が当たらないので、二日目の午前中は、外に干す予定です。
状態にもよるのですが、4日目の午後に仕舞おうかな?と考えています。

3日3晩と言いますが、潰れているのは、痩せてしまうので、早めに取り込みます。
また、こちらに来て習った方法がとても楽なので、去年からその方法に切り替えています。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断