初夏につくるもの

kinako|2016年7月16日

5月には、紅しょうがや常備菜を作ったことを書きましたが
そろそろ夏のものも仕込まなければと思いつつ、、、

気がつけば梅雨明けももうそろそろですね。

そんな雨の日曜日に、残り少なくなったので
「塩麹」を仕込みました。
IMG_1838

本当は玄米麹が欲しかったのですが、
入手するのに時間がかかりそうだったので
米麹になりました。

ご存知の方多いと思いますが
作り方はいたって簡単!
色々とレシピや配合があるようですが
私の場合は・・・

米麹100gに対して、お塩は35g。
ステンレスのボウルにこれらを入れて
よくかき混ぜる。当然「手」です。
そして滅菌したおいた大きめの瓶に押し込むように入れて、
麹が浸かる程度に水を入れていきます。

蓋をして、そのまま常温で置いておきます。
翌日には麹がお水を吸ってしまい水位が下がるので
少しお水を足し底からよ~くかき混ぜる。
これを約2週間程度繰り返します。
麹が発酵し、柔らかくなったら出来上がりです。

今年も一年分作れたので、安心。

それから、この日は綺麗なかぼちゃを頂いたので
スープをつくり、冷蔵庫へ。
この時期は冷たいスープが欲しくなります。

IMG_1799

そして、この季節から登場機会が多くなる「素麺」
いくら暑いからとか食欲が無いからと言って
素麺だけだと力が付きません。

なので、私はちょっと食欲が無い日は錦糸卵
食欲が普通で、ただただ暑くて舞ってしまった日は
暑いついでにかき揚げなどを揚げて
スタミナチャージします。
そして、薬味をたっぷり入れていただくのが大好きです。

さて、夏本番はこれからです!
皆さんも暑さ負けしないで毎日をお過ごしくださいね。

writer ライター
kinako
上品倶楽部の手仕事や食に関するページを
お手伝いしています。
昔から、料理好きな母を見て育ったせいか
食べることには時間や手間を惜しみたくない。
それは料理だけでなく、空間や道具も大事。
それらのことを色々と物色するのが好きな中年女子です。