久しぶりのサメッド島

Granscape 大石剛正|2019年5月11日

みなさまGWはいかがでしたか?
私は30年ぶり(!!)にタイの小島、サメッド島に行ってきました。
30年前は田舎の離れ小島的な感じでホテルなんてものはなく、
バンガローが数軒あるだけののんびりした島だったのが、
今や一大観光地になっておりビックリ!!

しかしながら海の青さと犬たちのフレンドリーさ加減はいまだ変わらず、
ああよかったとホッとしながら1週間、普段読まない歴史の本を読んだり、
犬と戯れたり、ボーッとしたり、ゆったりとダラダラ過ごしました。

タイの観光地は開発が進むと自然環境が大変なことになりがちですが、
ここはずっとこのままの姿でいて欲しいと願うばかりです。

writer ライター
Granscape 大石剛正
佐賀県生まれ
1級造園施工管理技師、グランスケープ(有)代表
大学で環境科学を学び、文部技官として地質・地震学の研究を経て、再び大学院にて陸水学を修める。その後環境アセスメント調査会社で屋久島をはじめ日本全国をフィールドワークで廻る。
ランドスケープの世界に入り、それまでの経験を生かし自然さを大切にした
数々の庭園デザインと施工を行う。

Granscape ホームページ
http://www.granscape.com/