GW環境改革

mon|2019年5月9日

平成から令和に変わるというビッグイベントがインクルードされて、本当に(長いという意味で)ビッグになったGWでしたが、我が家はどこへ遠出することもなく、ただひたすらに家の中の改造に明け暮れていました。
今の家に引っ越してきてから早四年が経過し、その間に住んでいる私たちが気がつかない(いや、うすうす感づいてはいました)うちに、かなりの量のあれこれが増え、収納の少ない我が家の生活スペースをじわじわと圧迫していました。
ずっとなんとかしたい、と思い続けていたものの、自分の持ち物だけの話ではないので、なかなか思っているだけで片付けはうまく進みませんでした。
そこへこの10連休。家人のどこかへ出かけるという提案をおさえこみ、それよりもまずやるべきことは自分の城を改善することだと主張し、ひたすらに片付け&より理想的な空間にするための日曜大工ならぬGW大工に勤しむことになりました。
決して広くはない我が家の一体どこにこの量が・・・と思うほどの不用品が。役に立ちそうなものはリサイクルショップに引き取ってもらうなどしましたが、それでも青ざめるほど出たゴミの山。いつか大事にしていたものも時間の経過とともに不要なものと化す。大事なものが入っているという認識でキープしていたいくつもの箱の中には、8割いらないものだったことには、家人共々言葉を失いました。
家の環境を整えるにあたって意識したのは、「モチベーションが上がる家にする」ということ。
我が家のメンバーは全員ものづくりをするので、それぞれがそれぞれの制作のモチベーションをあげられるように、心に火がついた時にすぐに制作にとりかかれて、なおかつ、いいものをつくりたい!つくれるはず!と思えるような環境にするということを、もっとも意識しました。
まだまだ改革の途中なので、一部分だけしかお見せできませんが、これはわたしの作業スペースの一部。刺繍糸をウッドピンチに巻いて壁面にかけるようにしてみましたが、頭で思い描いていたよりもずっとテンションが上がっています。
ものづくりするのに、環境は大事!いるだけでワクワクする部屋は今後もちょっとずつ改良していきたいです。

writer ライター
mon
グラフィックデザインやイラストなどを生業としています。
山育ちののんびりやですが、現在は東京暮らし。
寒いのが苦手。夏は扇風機派。
いつも何かを作りたくて仕方がない性分です。

monpot
http://www.monpot.com