睨み合い

Granscape 大石剛正|2019年3月6日

朝から我が愛犬と近所をボーッと散歩していると
池そばのエノキの枝にカワウとカラスが睨み合っている現場に遭遇!!

一発触発か?!と思って見ていたら、なんとおしゃべりしていました(笑)。
「ガーガー」「カアカア」「ガーガー」「カアカア」またにぎやかなこと!

一般に違う種同士が出くわすと
攻撃したり逃げたりするものとばかり思っていたのにびっくり!
動物でも出来るのに人間も違う人種の人達と仲良くせにゃいけんねと、
教えられた朝のひとときでした。

writer ライター
Granscape 大石剛正
佐賀県生まれ
1級造園施工管理技師、グランスケープ(有)代表
大学で環境科学を学び、文部技官として地質・地震学の研究を経て、再び大学院にて陸水学を修める。その後環境アセスメント調査会社で屋久島をはじめ日本全国をフィールドワークで廻る。
ランドスケープの世界に入り、それまでの経験を生かし自然さを大切にした
数々の庭園デザインと施工を行う。

Granscape ホームページ
http://www.granscape.com/