今年のサンクス

シラタニマサシ|2018年12月29日

先日、今年の締めくくりマウンテンバイクレースを行ないました。

年三回行なっているシリーズ戦の最終戦。

1戦目は浜松の『海』、2戦目が茶臼山の『山』、3戦目が今回の豊川河川敷下条の『川』。

自然な中で自然を相手に遊ばせてもらう。これがマウンテンバイクの醍醐味。

今回も自然相手に大変でした。

10月終わりから草刈を開始。

切るとすぐ歯にまとわりつくツタ。根っこまで切らないとあぶない背丈より高い竹。体中にヒッツキ虫。強風、雨の中での作業…。

開始時はまったく先が見えない状態から約1,3kmのコースを完成させたのは前日。

しかも雨の中、コーステープ張りやピット作りは辛い。

ただ、この時期には珍しく寒くなかったのが救い。

当日を迎えたのだが、天気予報は曇り。

しかし未明の看板張りの時には小雨が。

案の定コースはぬたぬた。

受付開始時には雨は上がった。

さあ4時間という長い長い戦いの始まり。

コース内の至る所で泥がチュルチュルに。

重く、そして滑りやすくなってくる。

しかも時々小雨が降る。

幸い気温が高いのでちょっと安心。逆にそのうち暑くなってきて、中には半そでになる選手もいるくらい。

そして迎えたタイムアップの声。

みんなの顔が光ってる。

しばらくして表彰式。そしてじゃんけん大会で盛り上がり。あ~あ、今年の四耐も終わっちゃった。

みなさ~~~ん。良いお年を~~~。

来年も思いっきり遊ぼうね~~~。

writer ライター
シラタニマサシ
山、川、海に囲まれた愛知県の豊橋で、カヌーとマウンテンバイクの店『カントリーモーニング』の経営者。
浜名湖、豊川、三河湾といった、恵まれた環境でカヌーのスクールやツーリング、店から3分の所の山などで、マウンテンバイクのツーリングやスクールを毎月開催。他に、近場の山で耐久などのレースを運営。
雪がほとんど降らない豊橋は、一年中がオンシーズン。

■カントリーモーニング
http://countrymorning.net/