むし

早坂 誠|2018年9月19日


ヒトスジシマカ・・・私も知らないカの体の仕組み。
「超大型」という言葉が見合っている迫力。 
ここは「大昆虫展」 今回は仕事とは一切関係なくワクワクしながらの入館でした。

さすがに子供の多いこと。今の時代に虫に興味をもってワイワイを見る子供たちがい
ることに
少しほっとするところですが、やはり、文字に集中しているのは大人たち。
その中の一人の私も、この面白さに惹かれていきます
多少の知識がある中で、やはり、引きつけられるのは、原寸が大きい虫たち。

このカミキリ虫や ガなどの迫力。

素晴らしい!! その中、
生き虫の展示はさすがにしてないだろう・・・と思いつつ、ゴキブリの仲間と、蟻の
巣の生体展示があったこともよかった一つ。
この小さな体に創られた精巧な構造は、素晴らしいの一言です。
どんなに発達した機械よりも、魂の入った生き物だと心底感じた時間でした。

writer ライター
早坂 誠
1971年東京都生まれ
ビオトープ施工2級・計画2級管理士
愛玩動物飼養管理士2級・観賞魚飼育管理士3級
芸術的な「水草レイアウト水槽」の製作/販売/
管理を中心に水辺の動植物全般を取扱う㈲エイチツー代表取締役/sensuous店長(渋谷区神山町)
最近の関心事: 音楽と生き物 サンマ ウメボシ。

H2 ホームページ
http://www.h2-l.jp/