日本一

早坂 誠|2018年7月7日

つい先日。竹島水族館へと足を運んできました。

ただ遊びで行ったわけではなく、仕事の一環として

現在この竹島水族館が人気の理由を探りに、

今後の参考の為なわけで・・・やっぱり、同行させていただき、

一緒に行った皆さま。見る目線が人とは違う。(笑)

まず、目を引く・・・オープンの文字。

これがなんとも言えない雰囲気を出してます。

味のあるこの「オープン」 渋谷でも出来るかなーと深く考えた次第です。

OPENだとわからない人がいる?

とか・・

深海の生き物種類数・・日本一

やはり人々は日本一に惹かれます。

これを表舞台に出すことは重要です。

そしてクラゲ・・・よく見るミズクラゲですが、その解説が面白い。

「癒されません」と言います。

そうだよなーそうだよなーと、妙に納得する皆さまがいるわけで・・・

現場の方たちの大変さが良く伝わる解説もまた味が有ってよいものです。

色々学んだ一日になりました。

writer ライター
早坂 誠
1971年東京都生まれ
ビオトープ施工2級・計画2級管理士
愛玩動物飼養管理士2級・観賞魚飼育管理士3級
芸術的な「水草レイアウト水槽」の製作/販売/
管理を中心に水辺の動植物全般を取扱う㈲エイチツー代表取締役/sensuous店長(渋谷区神山町)
最近の関心事: 音楽と生き物 サンマ ウメボシ。

H2 ホームページ
http://www.h2-l.jp/