誕生会

Granscape 大石剛正|2018年4月21日

先週末、友人の誕生会がありグアムに行ってきました。
日本から3時間半でアメリカって、少し不思議な感じです。

初めて訪れた7年間はホテルとリゾートの島(ココスアイランド?)とDFSくらいしか行かず、
まったく島としての印象が薄かったのですが、今回は極力ホテル滞在の時間を減らし、ロコの知人と過ごしました。

サタデーマーケットは新鮮な野菜や魚、雑貨がたくさん!
ホノルルのそれよりももっと荒削りな感じでいい感じです。BBQも素朴な味でうまい!!

 

第二次世界大戦の傷跡は、タモン地区(繁華街エリア)にいたら全く意識しないものの、車を走らせるとあちらこちらで見ることができます。
ここで何万人も亡くなったのかと思うと、胸が痛みます。

グアム島南の端っこにはこのような素敵な天然プールがあったり、
スペイン統治時代の建造物が残っていたりと、いたるところに発見があります。

お気軽なリゾートの印象しか無かったグアム島ですが、今も残る豊かな自然や、美味しいパシフィック料理、
スペインやアメリカに統治されてきた歴史など、次回はもう少し腰を据えて滞在し、この島に対する理解を深めたいと思います。

writer ライター
Granscape 大石剛正
佐賀県生まれ
1級造園施工管理技師、グランスケープ(有)代表
大学で環境科学を学び、文部技官として地質・地震学の研究を経て、再び大学院にて陸水学を修める。その後環境アセスメント調査会社で屋久島をはじめ日本全国をフィールドワークで廻る。
ランドスケープの世界に入り、それまでの経験を生かし自然さを大切にした
数々の庭園デザインと施工を行う。

Granscape ホームページ
http://www.granscape.com/