春植物園

LM|2018年3月31日

先月でしたか、多摩地域の住宅街に佇み

独特の世界をつくるフローリストの方より、

「春植物園~spring ephemeral~」という

イベントにお洋服展示のお誘いを戴きました。

 

大好きな花店でしたので、嬉しくて即答。

それからの準備の1ヶ月は、チャレンジの連続。

縫って縫って、縫って、駆け抜けました。

 

春にうつりかわる不安定な季節をよそに、

桜が開花しても、満開でも、

目もくれず作業場に籠りました。

リネン生地も春はキレイな色が揃う時。

付属のボタン、レース、リボンを並べて

想像をめぐらすと意欲が湧いてきて、

これもこれもカタチにしたい。と思うのです。

体調を崩しかけたり、ミシンの調子が悪くなったり、

冷っとすることもありましたが、

予定通りに仕上げることができて、

すべて納品し終え、イベント初日を待つ気分は、

好きな曲のイントロのような高揚感。

 

いろいろ、感謝。

あとは、好評を願うだけです。

 

よい春の訪れでした。

writer ライター
LM
モード評論、アパレルMDを経て独立。
約10年の山暮らしを経て、東京にUターン。
天然素材の服と雑貨のアトリエを運営。

HP: アトリエ「&R」
http://and-robe.shop-pro.jp/