帰国

こにし あい|2018年3月16日

三年半ぶりの日本での生活再開。
最初のつまずきは、移動手段。
屋内の駐車場から目的地まで車で移動していたのが、
今は電車や徒歩。
雨が降った日に、傘を持っていないことに気づき、小降りになるのを待って
近所のコンビニに買いに行った、苦笑いのエピソードもあった。
昨日で三週間が経っていた。

まだ船便が来ていないので、必要と考えたものだけが身の回りにある。
冷蔵庫、洗濯乾燥機、掃除機、エアコンは購入したけれど、まだテレビ、電子レンジはない。
布団とベットは買ったけど、子供部屋にテーブルがない。
アメリカで使ったいた家具は手放し、

日本で保管してもらったお気に入りのアンティークテーブルと椅子を使っている。

食事の度に、お膳やトレーを置くことを面倒くさいと言っていた娘達も受け入れてくれた。
部屋にテーブルがないから、このテーブルに集まってくる。
いいんじゃない。。。と密かに微笑んでいる。


買物も持ち帰ることを考えると控えめになるし、

娘達が荷物を持つために付き合ってくれる。
買物途中のおやつ休憩も商店街で買物する楽しみ。

帰り道に桜を見つけた。
去年はカナダのトロントで見た桜。
まだまだ、アメリカでの生活、友達が恋しいけれど、
ここも、また、”住めば都”となるといいな。

writer ライター
こにし あい
さる年生まれ
カリフォルニア→ミシガン州と期間限定生活を終え、
現在東京暮らし。
元料理研究家の嗅覚で、美味しいもの探す日々。
お散歩を兼ねた食べ歩きと、出会った味を再現するのが好き。