今年も頑張ります!

樋口 陽子|2018年1月7日

新年から、いろいろと活動開始です。
今年も宜しくお願いします。

と言うわけでお知らせ。


ふくしま”意”住CAFEVol03
ふくしまに思い(=意)を寄せて移り住んだ方のお話を聞き、交流できる場です。
先輩移住者を招き、移住するまでの経緯・注意点・田舎暮らしの素晴らしさなどについての貴重な体験談などを紹介し、ふくしまへの移住の第一歩となる機会をつくる。そんな「ふくしま”意”住cafe」で、あなたの未来を一緒に考えてみませんか?

*==*==* 3回目となる今回のテーマは“食×職”*==*==*  

家族で移住し会津に受け継がれる雪下野菜の伝統を守る若き農家と、震災を機に移住し復興に携わりふくしまの食を発信する料理人のお2人をゲストにお招きし、魅力的な食と職を通じた自分らしい生き方について、生の声をお届けします(^▽^)/
イベントの「参加予定」をクリック&当日ご来場いただいた先着順に【白河豆だるま】をプレゼント!!
※参加費無料・当日参加OK

≪日時≫
2018年1月31日(水)
19:00~OPEN(ウェルカムドリンクをご用意してお待ちしております!!)
19:30~21:00(トークセッション・交流会)

≪場所≫
アーツ千代田3331 ラウンジ
東京都千代田区外神田6丁目11-14

================================================
【主催】福島県企画調整部地域振興課
【企画・運営】一般社団法人ふくしま連携復興センター
【お問い合わせ】☏024-573-2732
        ✉n.takiguchi@f-renpuku.org
        担当:瀧口
================================================
今の仕事や暮らしを変えたい。なんとなく、地方での仕事や暮らしに興味がある。福島のことが、気になる・・・。
そんな方は、ぜひお気軽に「ふくしま”意”住CAFÉ」へお越しください!皆さまのご来場、心よりお待ちしております!

もうひとつはこちら。

【ー田舎暮らし1・2年生が語るー食と農の“ふくしま”ライフ】
2018年2月4日(日) 12:30 – 14:30
東京都 千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
福が満開、福しま暮らし情報センター

《第1部 トークセミナー》
田舎暮らし1年目の樋口陽子さんを「田舎暮らし1年生」、2年目の小山尚文さんを「田舎暮らし2年生」と呼ばせていただき、それぞれの視点で現在の生活や仕事、田舎暮らしの魅力をお話しいただきます。

《第2部 交流会》
福島の美味しいお菓子などをいただきながら、樋口さんと小山さんを囲んでお話しできる絶好の機会です。
「田舎暮らしを始めた1・2年目ってどんな生活なの?」「地域の人と上手くやっていくためのコツって?」といった疑問や不安を抱いている方は、ぜひお二人とお話してみてください。何かヒントを得られるかもしれません!

参加費は無料で、定員は15名(事前申込制)です。
皆さまのご参加、お待ちしております!

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断