冬になると

kinako|2017年12月23日

街はクリスマスとお正月の雰囲気が蔓延しているなか
まだ、そちらにスイッチの切り替えが出来ないでいる私です。
が、食べものに関しては
季節ごとに頭の中をうごめいてしまう。

秋から冬にむけて寒さが増してくると
どうしても毎年食べたくなるのが
「ぎんなん」と「ふぐ」。

先日行った和食居酒屋で食した「銀杏饅頭」」がいたく気に入り
材料だけを店主に聞いて、
あとは、食べたときの食感や味わいを手がかりに
自宅で作ってみました。
これが結構上出来で、自分でもびっくりするくらいの
出来栄えに思わず微笑んでしまいました。
コツは銀杏の潰し具合と、一緒に練る道明寺粉の蒸かし加減くらい。

あとは丸めて片栗粉をまぶして素揚げにするだけ。
お塩で熱々を戴く。これはしばらく嵌りそう!

「ふぐ」のほうは、これはプロの包丁裁きに頼るしかないので
美味しいふぐのお店で戴きます。
これは本当に特別な自分へのご褒美。

さて、この週末は少しだけスイッチを入れて
クリスマスとお正月料理のこと考えますか!

writer ライター
kinako
上品倶楽部の手仕事や食に関するページを
お手伝いしています。
昔から、料理好きな母を見て育ったせいか
食べることには時間や手間を惜しみたくない。
それは料理だけでなく、空間や道具も大事。
それらのことを色々と物色するのが好きな中年女子です。