小幡の旗祭り

樋口 陽子|2017年12月4日

快晴の空の下、小幡の旗祭りが行われました。
素晴らしいお祭りです。

ただ、私 今日は 450食のうどんを売るというお仕事で、
お祭りは 体験出来ませんでした。非常に残念。

今年は終わってしまいましたが、
たくさんの方々に見てもらいたい。


お祭りについて(二本松市観光ガイドより)
平成29年12月3日(日曜日)[開催日:12月第1日曜]

この祭りは、天喜3年(1055年)前九年の役に由来するものと言い伝えられています。
戦いに敗れた源氏の軍勢がわずか数騎で木幡山に立て籠もったところ、
一夜にして降り積もった雪で全山が白くなった様を追走してきた安倍の軍勢が、
源氏の白旗に見間違え戦わずして敗走した故事により現在「幡祭り」として
伝承されています。
現代では、白幡を先達に色とりどりの幡が行列し
「日本三大旗祭り」の一つとも言われています。
また、古より伝わる儀礼を色濃く残していることから、
平成16年には国の重要無形民俗文化財に指定されています。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断