こみちの本棚4冊目

ないもの、あります/クラフト・エヴィング商會

クラフト・エヴィング商會関連の本は、
本当に本好きを唸らせるすばらしい本ばかりなのですが、
この本も大好きな一冊です。

image2

タイトルのとおり、多種多様な「ないもの」を紹介している本。
誰もが一度は耳にしたことがあるけど、実際見たことはないもの。
たとえば「冥土の土産」。たとえば「堪忍袋の緒」。
はたまた、「目から落ちた鱗」。
そんな、いわゆる人が交わす言葉の中にだけ存在している「ないもの」ばかりを集めに集めて、
ひとつひとつ紹介してくれる、そんな内容の本です。
それぞれの「ないもの」にはちゃあんと説明までついています。
この本は我が家にきてから、いつも目につくところに置いておいて、
たまにささっと開いてはクスリとひと笑いすることを繰り返していて、
それからもそういうお付き合いをするんだろうな、と思っています。

ふふふと微笑ましい読み物をご所望の方はぜひ。