啓蟄 桃始めて笑う

暮らしの歳時記 七十二候

七十二候とは、古代の中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気を、さらに3つにわけた期間のことで、気象の動きや動植物の変化を知らせる言葉になっています。
こちらのシリーズでは、古来から四季と共に生きてきた先人たちの知識を学びつつ、季節それぞれの変化に心を寄せていきたいと思います。

新暦ではおよそ3月10日から3月14日頃の時期になります。
桃のつぼみがほころび始める頃。
昔は花が咲く頃を、笑うと表現しました。
春本番ともなると、魚介の美味しい季節の到来と感じる人も多いのではないでしょうか。
まさに、春の魚の時期となりますね。旬の魚のひとつに「さより」があります。
天ぷらや寿司ねたとして高級魚のイメージがありますが、焼き魚や、一夜干しなども
ホロホロとして、とても美味しくいただけます。