大人の気まま旅 Vol.1

自然教育園(東京都港区白金台)

念入りに計画をした「旅行」とまではいかないけれど、その時の気分や季節で場所を選び、自分の感性のまま出かけ、歩く。
そこでの出会いを楽しみ、心を縛るものからの開放感を味わう。
そんな小さな旅のあれこれをご紹介します。

「自然教育園 (東京都港区白金台)」

梅雨の晴れ間や初夏に出かけてみたい身近な避暑地

今年も、梅雨の時期がやって来ました。
そんな梅雨時の晴れ間、ちょっと出かけたくなるけどこの時期はグッと気温が上がり、ちょっと歩くと汗ばむ陽気なので、なかなか遠出をする気も起きず、簡単には腰が上がらないものです。
しかし、せっかくなので、この時期にしか楽しめないアジサイや花菖蒲を愛でるというのは・・・
でも、それもちょっとありきたりですよね。
では、どこへ出かけよう・・・

そんな時にお勧めな都会のオアシスを思い出しました。
インバウンドの観光客も少ない場所。JR目黒駅から徒歩約10分という好立地の「自然教育園」を散策するという小さな旅はいかがでしょう。
梅雨の晴れ間や梅雨明けした初夏の散策にはお勧めの場所です。

正式には、「国立科学博物館付属・自然教育園」といいます。
一般的な植物園や庭園とは違って、自然の移りゆくままという独特の考え方をもとに、今なお、武蔵野の自然の面影をとどめているオアシスのような緑地です。

自然教育園の歴史は、今から4~500年前の中世の豪族の館からはじまり、その後、高松藩主松平頼重の下屋敷(江戸時代)、陸・海軍の火薬庫(明治時代)、それから大正6年に宮内庁の白金御料地となり、昭和22年に文部省に移され、昭和24年「天然記念物および史跡」に指定され、国立自然教育園として一般に公開されるようになったそうです。
それまでは、一般の人は立ち入る事が出来なかった為まれにみる豊かな自然がここに残されて居たと言う事なのですね。

現在は、大都会東京にあって、昔の面影を残す数少ない森として貴重な存在という事もあり、野外生態の観察や研究のために多くの人々が四季を通して訪れているそうです。
また、スケッチブックを片手に来園し、森林の様子や草花をスケッチする方、本をバッグから取り出し、木漏れ日の中で読書を楽しむ方たちも見かけました。
それぞれに自分にあった時間の過ごし方を楽しむ。
まさに大人の気ままな旅そのままの光景です。

散策したこの日の水辺のエリアには「ノハナショウブ」や「クサフジ」が見ごろでした。
広大な敷地の森林の中をゆっくり歩きながら、珍しい樹木や草花に触れ、立ち止まり、また、ベンチでお茶の時間を楽しんだりと、自分だけの贅沢な時間を過ごすというのはなんとも優雅な気分になります。

では、園内を少しご紹介します。

目黒通りに面した正面入り口には大きな看板があります。

入ってすぐに、自然教育園のスケールの大きさを感じる森の入り口にさしかかります。

大木からはのびのびと枝が広がり、新緑から青葉へと葉の色も少し変化している様子が伺えます。

自然教育園の中にはところどころに、植物や見所を案内する看板が立っていて
森や植物、昆虫などについても学習することが出来ます。

各所にベンチや休憩用の東屋が設けてあります。

ちょうど水生植物園エリアには、見ごろを迎えていた紫色が綺麗なノハナショウブやクサフジ、水色の虎の尾に似たクガイソウが咲いていました。

運よくシオカラトンボを見つけました。

武蔵野植物園「森の小道」の、大きなシュロの木。

同じエリアの小川と湿地にはあさざが鮮やかな黄色の花を咲かせていました。

「水鳥の沼」とアジサイ

自然教育園を満喫したあとは、お隣の東京都庭園美術館を覗くのも、またひと味違う楽しみではないでしょうか。
こちらを先に鑑賞し、隣接するガーデンレストランでランチをしてから、自然教育園を歩くというのもいいかもしれません。
その時の気分、気候やお天気に合わせてちょっとよくばりな体験が楽しめるというのも、小さな旅の醍醐味です。

初夏から盛夏に向かう季節にお勧めの、「大人のひとり旅」をご紹介しました。

体を適度に動かす事で爽快な気分となり、ゆっくり自然の中を歩くことで、自分と素直に向き合える時間を作れるように思えます。
では、次の「大人のひとり旅」をお楽しみに。


国立科学博物館附属
自然教育園
天然記念物及び史跡(港区白金台)

所在地:〒108-0071
東京都港区白金台5-21-5 

お問合せ TEL:03-3441-7176 (代表)

     ホームページ http://www.ins.kahaku.go.jp

アクセス:
JR山手線 目黒駅東口より目黒通り徒歩9分
東急目黒線 目黒駅正面口(中央口)より目黒通り徒歩9分
東京メトロ南北線/都営三田線 白金台駅出口1 より目黒通り徒歩7分
※駐車場はありませんので電車またはバスを御利用ください。
(ただし、障害者の方用のスペースはあります。ご利用の希望方は事前にご予約ください)