からだに優しいレシピ21

長いものもっちり焼き

今回のメニューは、「長いものもっちり焼き」です。
ふわふわもちもちでおいしいお焼きのような料理です。
ちょっとおなかがすいた時の、おやつにもいいかも。


材 料(2人分)
長いも      1/2本(200g) サラダ油   大1/2
長ねぎ       1/2本     しょう油   大1/2(適量)
桜海老      大1       きざみのり  適量
小麦粉(つなぎ) 適量


<作り方>
下準備
・長いもは皮をむき、一口大の輪切りにします。
・長ネギは輪切りにします。

(1)ビニール袋に、長いも入れつぶします。そこに、長ネギ、桜海老を入れ必要ならつなぎで小麦粉を入れます。そして、よく混ぜます。
(2)フライパンにサラダ油を入れ、(1)の生地を焼きます。(スプーン等で形を整えるといいでしょう)
(3)両面焼けたら、お皿に盛りしょう油、きざみのりをかけます


長いものココがスゴイ!

長いもの栄養
主成分はデンプンです。
普通は、加熱することで消化がよくなりますが、長いもは生でも消化が良いです。
また、芋類の中ではたんぱく質やミネラルが多いことも特徴です。

ねばねばムチン?
食物繊維の一種で、胃や腸壁の粘膜の修復に作用し、胃腸の調子が優れない時にもおすすめです。
また、滋養強壮にも期待されお疲れ気味の方にはぜひ召し上がっていただきたい食材です。

保存法
光と乾燥が苦手です。
ラップに包み冷蔵庫で保存します。
冷凍する際は、すりおろしてから冷凍するのがおすすめです。