こみちの本棚5冊目

パロール・ジュレと魔法の冒険/吉田篤弘

前回、クラフト・エヴィング商會の「ないものあります」という本を紹介しましたが、
こちらはクラフト・エヴィング商會の中の人、吉田篤弘さん名義の小説です。

image1

吉田篤弘さんの著作は、「つむじ風食堂の夜」や「それからはスープのことばかり考えて暮らした」など、
有名どころがたくさんありますが、わたしはあえてこちらの「パロール・ジュレと魔法の冒険」を紹介したいのです。

このお話は、本から本に自在に渡り歩くことができるフィッシュが主人公です。
初っ端から「え?」とまず思ってしまいます。

でも、読み進むにつれて、その不思議な世界観の中にすーっと自然に入っていくことができます。
まず物語の設定から不可思議かつ、聞いたことない、魅力的なものがたくさん詰まっています。

夢か現か幻か、境界線が曖昧になっていくようなファンタジーが大好物なわたしのような人間が、
小躍りして飛びついてしまうような小説なのです。
現実とはまったく別の、魅力的な世界に旅してみたい方は、ぜひ読んでほしいです。