漢方×薬膳

体に良いことを考える

季節の変わり目や寒さが厳しい季節になると、なぜだか決まって体調を崩してしまうという人は少なくはないと思います。
今回の上品倶楽部では、めぐりめぐる季節と、自分の体にどう向き合うかということを、漢方の専門家である「薬日本堂」さん監修のもと、漢方と薬膳という観点から捉えてみました。

体と向き合い、自然に従う。

「漢方」「薬膳」という言葉から、難しい知識が必要なのでは?と構えてしまう方も多いかもしれませんが、大切なのは、きちんと自分自身の体と向き合い、自分の体に必要とされる栄養を積極的に取り入れて、自然のリズムと調和をとるということです。
現代人の生活は、コンビニやファストフードなどが身近にあり、いつも時間に追われているため、便利で手軽にとれる食事を選んでしまいがちです。しかし、人間の体は、移り変わる季節の影響を受けやすく、また少しのことで変化をきたしやすいため、自身の体調の変化に合わせ、口にするものに気を配ることは、健康を維持するためには無視することができない事の筈です。自分の体調にいつも気を配り、旬の食材を選び、その季節にあった食事を考え、自然の気候に自分の体を馴染ませること。そうした意識を持つだけでも、日々の暮らしに良い変化が訪れることでしょう。

二十四節気と体の関係。

漢方では、二十四節気に沿って、その時期に合った養生法を考えることも大切にしています。二十四節気とは、一年を24等分にし、約15日ずつに分けた季節のことです。季節の移り変わりで、体のケアの方法も変わります。例えば、春は「陽の気」を逃さず取り入れのびのびと過ごし、夏は体の中にこもりやすい熱を冷まし水分代謝をあげるように心がけ、秋は乾燥の季節なので内外双方からの保湿ケアに気を配り、冬は「陽気」を補うことで体を温めるなど、その季節の特性を知り、それを解消できるような食材や養生法を工夫するということが、通年通していつでも健やかに過ごすために重要視されています。


二十四節気とは、太陽太陰暦で、季節を正しく表すために用いたもの。自然を感じ、季節に合わせたライフスタイルを送りましょう。

ー 自分の体質にあった養生法を知る ー  体質タイプチェック

気虚(ききょ)タイプ

免疫力が低下していて、一度体調を崩してしまうとなかなか治りづらいのがこのタイプ。ストレスや緊張など精神的なダメージが加わると、さらに「気」が消耗されます。
□疲れやすい / □汗をかきやすい / □風邪をひきやすい / □顔色が白っぽい / □手足が冷えやすい
<おすすめの養生法>
・朝食抜きは厳禁!規則正しい食事を
・早寝早起きで基礎代謝をアップする

<おすすめの食材>
なつめ・高麗人参・はとむぎ・きび・もち米・とうもろこし・かぼちゃ・キャベツ・枝豆・椎茸・いちご


気滞(きたい)タイプ

体全体を動かすエネルギーが停滞している状態。「気」が下から上へ逆流すると自律神経を乱しやすくなります。ストレスに敏感で、やる気がなかなかでません。
□イライラしやすい / □わき腹がはる / □頭痛が起こりやすい / □ゲップが出やすい / □緊張で具合が悪くなる
<おすすめの養生法>
・量を減らさず食材の種類を多くする
・ストレスを上手に発散する

<おすすめの食材>
ういきょう・八角・陳皮・セロリ・春菊・生姜・ニラ・菊花・しそ・みつば・グレープフルーツ・ゆず・胡椒


血虚(けっきょ)タイプ

体に栄養と潤いを与える「血」が足りないだけでなく、「血」を作り出すエネルギーも不足しているタイプ。消化吸収力が低下している状態。
□目が疲れやすい / □唇や爪の色が淡い・爪が割れやすい / □髪がパサつく・皮膚がカサカサする / □手足のほてりや寝汗をかく / □のぼせ感がある
<おすすめの養生法>
・不規則な生活を正す
・下半身の運動をする

<おすすめの食材>
なつめ・黒きくらげ・黒ごま・くるみ・松の実・黒米・ひじき・ほうれんそう・にんじん・あんず・赤身の肉


瘀血(おけつ)タイプ

血液やホルモンを含めた「血」の流れが悪く、体内の各所で汚れてたまっている状態。冷えやストレスを伴うと、ますます巡りが悪くなるので注意しましょう。
□顔色が悪い / □月経痛がひどい / □舌が紫色っぽい / □足がよくつる / □肩こりがある
<おすすめの養生法>
・体を温め、血行を良くする食事を
・ストレスを溜めないようにする

<おすすめの食材>
紅花・黒きくらげ・うこん・とうがらし・さんざし・あずき・黒豆・茄子・ピーマン・にら・にんにく・黒砂糖


水滞(すいたい)タイプ

水分代謝ができず、体内に「水」が過剰にたまって流れが滞っている状態。とくに湿度が高い梅雨時期には体調を崩しやすく、体を冷やさないように注意が必要。
□むくみやすい / □雨の日に具合が悪くなる / □下痢・軟便になりやすい / □車酔いしやすい / □体が重く、だるい
<おすすめの養生法>
・飲み物はなるべく温かいものに
・新陳代謝を良くし、冷えをとる

<おすすめの食材>
はとむぎ・あずき・金針菜・黒豆・昆布・のり・わかめ・とうもろこし・きゅうり・冬瓜・もやし・豆乳


身近な和漢食材について

医食同源という言葉がある通り、何気なく食べている食材も様々な働きがあります。どの食材が体でどのように影響するか知ることで、毎日の食事をより自分の体質にあった献立に近づけることができます。いつものレシピに、旬の食材を加えてみたり、その日の体調を考えて、食材の組み合わせを選んでみたりと、食べ物が持つ効能を調べながら、からだが内側から元気になるイメージを膨らませること。それが、「薬膳」です。
ここでは特に冬におすすめの、漢方では生薬としても用いられる食材も含む9品の効能を紹介します。数ある食材の中のほんの一部でしかありませんが、漢方食材を知ってみたいと思うきっかけに繋がれば嬉しいです。

黒豆
黒豆(くろまめ)
Black bean

黒い食材は、体に精がつき、滋養強壮や月経不順、老化防止に役立ちます。血の巡りが良くなり、水分代謝力も上がるので、瘀血や水滞タイプの人に特におすすめです。


なつめ
なつめ
Ziziphus jujuba

食欲不振や心身の疲れに、体力、気力を補い、元気を与えてくれるなつめ。胃腸の調子を整えるので、必要な栄養をきちんと補うことができます。


みかんの皮
みかんの皮
Citrus reticulata peel

みかんの皮を乾燥させたものを陳皮と言い、生薬として用いられます。気の巡りを良くするので、胃腸の調子を整えるほか、デトックス作用を促して新陳代謝をよくします。


くらげ
くらげ
Jellyfish

中華料理では酢の物などに用いられるくらげは体の余分な熱を取るといわれます。また、水分代謝がよくなり、二日酔いやむくみの解消にも効果があります。


八角
八角(はっかく)
Illicium verum

お腹を温めて、冷えによる腹痛などの痛みを改善します。冷え性の人はもちろん、胃腸の働きを良くして、消化が悪い、食欲がないときにもおすすめ。


白木耳
白木耳(しろきくらげ)
Auricularia auricula-judae

肌に潤いを与えてくれる食材。虚弱体質で疲れやすい人におすすめ。皮膚の乾燥だけでなく、空咳、喉の渇きなどにも効果的。


シナモン
シナモン
Cinnammon

冷えからくる腹痛や関節痛などの痛みを和らげ、下痢や排尿異常などに有効といわれます。体を内側から温めるので月経痛などにも。


ひじき
ひじき
Sargassum fusiforme

鉄分、カルシウムが豊富なひじきは、血を補うので、貧血はもちろん美髪や美肌効果が期待できます。また、血行を良くして水分代謝をスムーズにするともいわれます。


黒米
黒米(くろまい)
Black Rice

食欲がない、気力がないなど体力や気力の低下が気になる人に。足腰の痛みを取り、血行を良くします。消化機能をよくするので、栄養がからだに行き渡るようになります。


漢方カウンセリングを行える場所もあります
漢方相談専門店を全国に22店舗展開し、日本コカ・コーラ社の「からだ巡茶」、永谷園「くらしの和漢シリーズ」の監修も手掛ける薬日本堂では、漢方を専門的に学んだ相談員が年間のべ17万人以上の方の相談を受けています。疲れ・冷え・婦人科系のお悩み・不妊・肌トラブル、ダイエット・便秘・不眠等の相談が多く寄せられています。

薬日本堂の漢方相談専門店
「カガエ カンポウ ブティック」「ニホンドウ漢方ブティック」では、漢方相談を承っております。
無料のカウンセリングでは、ご自身で気が付いていない体質や不調まで、時間をかけて丁寧にお伺いし、一人ひとりに合わせた、生活の中でできる養生法や和漢商品のご提案、約200種類から漢方薬をお選びします。
2018年9月には、新店舗「カガエ カンポウ ブティック日本橋髙島屋S.C.店」がオープンしました。漢方薬にとどまらず、養生をサポートするドリンクや、和漢をブレンドしたハーブティー、香りの力を取り入れたオリジナルのスキンケアまで取り扱い、体の内外を磨くトータルケアをご提案します。
お気軽にご来店、ご相談ください。
*カウンセリングをご希望の方は、来店前にお電話でご予約いただくとお待たせすることなく、スムーズにご案内できます。*

カガエ カンポウ ブティック

日本橋髙島屋S.C.店
〒103-6101 東京都中央区日本橋二丁目5番1号日本橋髙島屋S.C. 新館1階地図
TEL:03-6281-9658 / FAX:03-6281-9687
営業時間:10:30~20:00 定休日:施設に準ずる
https://kagae.jp


CATEGORY

TAGS