オトナのトミカ

トヨタ車体 コムス

コムス

世界中がVWの排ガス偽装問題に揺らぐ昨今の自動車業界。こんなことで業界が話題となるのは何ともなさけないけど。これもし烈な新技術競争の結果なのかもしれない。
電気自動車といえば、漸く日産リーフを街中でちらほら見かけるようになったけど、普及にはまだまだ時間がかかりそうだ。そんな中、たまたまマンションで試乗体験会を行っていたのが、電気自動車コムス。トヨタグループのトヨタ車体が発売している電気自動車だ。全長約2400mm、幅約1100mm、全高約1500mmの一人乗りの小さな乗り物。
家庭用のコンセントから1回の充電(6時間で満充電)で約50kmの走行が可能。しかも60kmのスピードが出る。その外観シルエット、宅配ピザのブームの頃の改造バイクのようだ。電気自動車は、その走行距離=バッテリーが課題らしい。確かに燃料(電気)切れは不安。ガソリンのように、補給場所がどこにでもあるわけではない。そう考えると、このコムス、近所へのちょっとした所用や買い物には、とってもよいなあ。と考える一方、なんたって車だから駐車場が必要となる。道脇にちょっと置くわけにもいかない。んんん、ちょっとの買い物が、案外駐車に苦労してちょっとで済まなくなるかもなあ。ならバイクや電気自転車のほうが便利?せめて二人乗りなら、利用方法が変わるかも?そんないろんな課題はあるけれど、トミカのコムスはなんたって小さくてかわいい。これも世の中に出たからこそ、トミカになったのだ。まずは、そのことに感動と尊敬を。車はどんどん進化する。がんばれ、コムス!

CATEGORY

TAGS