久々の再会

コトヒラガクト|2021年5月7日

3回目の緊急事態宣言が出る少し前に
低山散歩に出かけた。

料理に目覚めて久しく、引きこもりがちな4月でも
そこそこ楽しめたが、
やはり定期的に山に登りたいという衝動に襲われる。

で、向かったのは伊豆の山。

天城越えで知られる天城隧道付近には
いくつか登山ルートがある。

この季節は新緑がまぶしいくらいでとても気持ちがいい。

6時から登り始めたせいか、平日のせいか、やはり人は少ない。
おかげで先行している人を気にすることもなく自分のペースでの歩きが出来るというのは
ストレスなくて良い。

いつもの見晴らし台に出る少し前になにやら森の奥からガサガサと音がした。
そのうちに低木の間から小さな鹿が顔を出した。
「可愛い!」
こちらに警戒することもなく散歩でもするように
マイペースで新芽を食べたりしながら進んでいく。
最後に鹿と対面したのはいつだったろう、、、
いずれにしても、今年ははじめてだし久々の再会だ。

大きな丸い瞳に映るのは、なんだかくたびれた人間に見えているんだろうな。
得に急いで逃げるわけでもなく、自分の姿を見てないかのようにふるまってくれた。

なんだか最近人にもあまり会っていないせいか、
この再会はとても嬉しいものになった。

writer ライター
コトヒラガクト
親の影響で幼い頃から山や川に慣れ親しんでいたので
今だにその影響が持続している40代の自由人
(仕事はしております)
特に、早朝の山と夕暮れの川の景色が好きです。
ちょっとのスキに、どこでもいいので自然が感じられるところへ
出かける時間を作っている。