ゆるっと刺激を

中館慶子|2021年4月29日

外を歩いていると
ふと感心させられることがある。

道に沿ってそれはそれはキレイにお花を植えていたり、
アイデアいっぱいの街案内看板が立てられていたり、
くすっと笑えるユニークなアートがあったり。

中には、こんなことにお金を使うの?という
私の田舎のモニュメントなのかアートなのか
得体の知れないものもあるけれど、
というのは一旦置いておき。

区や市や町をあげて、それぞれがアイデアを寄せて
街を豊かに創り上げていくって素敵なことだなと。
そのためのお金と時間を捻出するのは
決してラクではないと思うが
その経緯や人々のバックグラウンドを考えるのは楽しい。

その街ならではの空気感を味わいながら
気の向くまま足の向くままブラブラと歩いているだけでも
脳の活性化につながりそう。
凝り固まってマンネリ化した頭には、楽しい刺激がいちばん。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。